スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24課-1 〜て あげます・もらいます・くれます(授受動詞) 

みんなの日本語1の24課。


文型 〜て あげます・もらいます・くれます

授受動詞ですね。

私の場合は、問題がなければテキストの提示順ではなく、全部の文型を一緒に練習してしまう場合が多いです。
テキストでは、文型順に提示されているので機械的にできてしまいます。

先ず「あげます・もらいます」は既習なので、復習確認と同時に「くれます」を合わせて導入します。
板書で済ませてしまう場合も多いのですが、一応ハンドアウトも作りました。


高解像度でダウンロードできません。拡大画像を保存してください。
サムネイル画像をクリックして、拡大画像を右クリックで保存してください。適宜、ファイル加工してA5版でカード形式で使います。(jpgファイル 長辺1000px)


24課 ハンドアウト


実際の授受の場面で練習しても良いのですが、時々、自分自身が混乱する場合もあるので絵カードを多用しています。

文型練習帳のアレンジ版ですが、「物の授受」を「くれます」を中心に「あげます・もらいます」と視点を変えてを練習します。先ず、中心の人物を「私」として「くれます」をやってから、今度は「第三者」を「私」として練習します。


24課-2




これがクリアになったら、「動作の授受」に移ります。
英語話者なら「giving/receiving a favor by 〜ing」の説明で大体判ります。いつも「ありがとう」と説明しています。

上の「物の授受」と同じ場面です。使う動詞をキューとして伝えます。

この絵カードは、こちらのページからダウンロードできます。

(このページの同じ画像サムネイルをクリックしてください。pdfファイル A4版設定)

みんなの日本語24課-1 やりもらい



仕上げに、同じパターンで違う場面をランダムに「授受」を練習します。これが、スムーズにできればテキスト練習は問題なくできる筈です。


高解像度でダウンロードできません。拡大画像を保存してください。

24課-3



繰り返しますが、テキストの提示順で順番通り練習していくと、生徒さんが判っているのかいないのかモヤモヤで終わってしまいます。

場面を見てランダムに「授受」を使い分ける練習の絵カードもあります。これは、後ほど紹介しますね。


参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

日本語教師A

Author:日本語教師A
手間を省きたがる日本語教師です

カテゴリ
リンク
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。