スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本語教師の応援サイト」更新のお知らせ

以前に一時体調を崩して以来、すっかり更新が間延びしてしまいました...。

今回は、姉妹サイト「日本語教師の応援サイト」の更新の案内です。オリジナルのイラスト絵カードをiPad、タブレットなどで簡単に表示できることが特徴です。みんなの日本語1,2全部をカバーしています。

世間はHTML5とCSS3の時代になっていて、見劣りがしてきたサイトの化粧直しです。肝心のコンテンツである絵カードデータ自体は進歩していませんので...悪しからず。

--このサイトの更新が進まない分...フリーの絵カードデータを一新しました。

--iPad、タブレットからPCを介さないで直接ダウンロードができるようにしました。

--iPad以外でも、Androidタブレットでの設定を追加しました。

世はITの時代になって久しいですが、日本語の先生もIT?を使いこなして無駄な手間を省きましょう。便利ですよ。
何はともあれ、ご一見を。

「日本語教師の応援サイト」のトップページ

このブログも色褪せずにまだまだ役に立っている部分もあるかと思うので、残していって、いつの日か拡充していきたいと思っています。

参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本語教育/異文化コミュニケーション
ジャンル : 学校・教育

30課-1 他動詞〜てあります

更新が滞っていますが、焦らず着実に...。今回もみんなの日本語2から。

みんなの日本語2の30課

A-1,2 他動詞〜てあります

私は29課で自動詞、他動詞をペアで結構くどく導入しておきます。29課の「自動詞〜ています」との違いなど、一見難しそうに思えますが、ちゃんとその違いが理解できていれば今まであまり引っかかったことはありません。

この絵カードは、文法の導入直後にやると効果的です。
他動詞の語彙としてちゃんと区分けできているかどうか、「〜てあります」の口慣らし、使う場面イメージのインプットが目的です。

生徒さんに「〜を〜ました」、次に「〜が〜てあります」と続けて言ってもらいます。先生が「〜を」「〜が」とキューを出したほうがいい場合が多いです。自動詞と変に混乱していなければOKです。もし自動詞と混乱していたら、その都度、両方を丁寧に確認していきます。

絵カードの数に物を言わせて....乗り切りましょう。

拡大画像を保存してください。
サムネイル画像をクリックして、拡大画像を右クリックで保存してください。(jpgファイル 長辺1000px)

30課-1 〜てあります 30課-2
30課-3 30課-4
30課-5 30課-6
30課-7 30課-8
30課-9 30課-10
30課-11 30課-12
30課-13 30課-14
30課-15


参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

27課-1 〜が 見えます/聞こえます

前回に続き、みんなの日本語2から。

みんなの日本語2の27課

A-3 〜が 見えます/聞こえます

この絵カードもほとんど説明は不要かなと思います。
ペアもしくはチェーンドリル形式がベストですが、「なにが 見えますか/聞こえますか」のQ&A形式で進めます。

練習Bの延長ですが、練習Bでは文字情報の助けで文を作っていけます。絵カードでは文字を読まないで、場面に合わせて文を作っていく...というのは案外、生徒さんにとって難しいです。

この文法が定着できていれば、「人が多いですから」、「ビルのうしろに」とか...既習の表現で膨らませるように誘導しましょう。

旧バージョンから内容を充実させました。

この絵カードは、こちらのページからpdfでダウンロードできます。

(このページの同じ画像サムネイルをクリックしてください。pdfファイル A5版絵カード設定)

27課-1 27課-2
27課-3 27課-4
27課-5 27課-6
27課-7 27課-8
27課-9 27課-10

参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

26課-1 〜んです

なかなか更新もままならないのですが、「いよいよ」というか、これからは「みんなの日本語2」の内容も入れていきますね。

みんなの日本語2でも、やはり絵カードが有効です。
私はレッスンの中では多用しています。手持ちネタのない中でのレッスンは、やはり心細いですよ。

それでは、みんなの日本語2の第一弾。

26課 A-3 〜んです。

要するに練習B-3の拡張版です。
「どうしたんですか」に対する応答練習ですが、プライベートなら先生が「どうしたんですか」のキューを出します。グループではペアでできます。

「〜んです」がちゃんと入っていれば、テンポよくできます。量で勝負です。
使い方は、絵を見ていただければすぐ分かると思います。

拡大画像を保存してください。
サムネイル画像をクリックして、拡大画像を右クリックで保存してください。(jpgファイル 長辺1000px)

26課〜んです-1 26課〜んです-2

26課〜んです-3 26課〜んです-4

26課〜んです-5 26課〜んです-6

26課〜んです-7 26課〜んです-8

26課〜んです-9 26課〜んです-10

26課〜んです-11 26課〜んです-12

26課〜んです-13

いかがでしたか。この量に意味があります?!

参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

17課-2 〜は、〜

久々の更新になってしまいました。

姉妹サイトのデザインを更新していました。内容はあまり進歩していませんが...。HTXMLとCSSを勉強していました。出来栄えは当初のイメージに比べればイマイチです。お立ち寄りください。

「日本語教師の応援サイト」です。

さて、本題。
これからも、着実に増やしていこうと思っています。

みんなの日本語1の17課です。

文型A-5  〜は、〜  です。

私にとっては、教えにくいところの一つです。何せ、毛色の違う文法が唐突に出てくるものですから。そういえば、「みんなの日本語2」の27課の助詞のつながりの「は」は無くなってしまいましたね。

私の場合は....

「わたしは 〜を 〜します」を最初に提示して、次に「わたしは」を消して「〜を〜します」から、Topicとしての「〜は 〜」を説明しています。ほとんどの場合は「目的語」が「Topc」になるという説明に留めています。

どうして?という質問には「as for〜」とか「sounds natural for Japanese people」という説明だけで、深入りしません。
ということで、この絵カードを使って練習します。

拡大画像を保存してください。
サムネイル画像をクリックして、拡大画像を右クリックで保存してください。(jpgファイル 長辺1000px)

先生ができれば場面を作りながら普通の文を読むか、会話形式でTopicを強調しながら、生徒さんに「〜は〜」と言ってもらう単純な練習です。

みんなの日本語17課-2-2

みんなの日本語17課-2-1

これでけでは如何にも不十分なので、生徒さんに合わせて"話題"の会話を盛り上げます。
例えば、宿題はいつしますか...、今晩ビールは飲みますか...とかです。

参考になったら、クリックにご協力を!!
役立ち情報が沢山ありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

日本語教師A

Author:日本語教師A
手間を省きたがる日本語教師です

カテゴリ
リンク
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。